仲知小教区養子縁組一覧表

 仲知の司祭館には、1890年頃から1915年頃までの約25年間使用された仲知小教区教会台帳がある。

 その台帳は、小瀬良、大水、江袋、赤波江、仲知、米山の6つの教会の信徒の家族台帳で最初に夫婦名が記され、その後にその夫婦が一生涯の間に産んだ子供が出生順に記されている。ところがよく眺めると、その台帳のあちらこちらに養子も記録され、そのほとんどが孤児である。

 信者の家庭に引き取られ、養子となったこれらの孤児は全部で27人でその内訳を見ると、小瀬良3人、大瀬良4人、大水3人、江袋2人、赤波江1人、仲知9人、米山5人となっていて、仲知小教区の各集落の信者の家庭に引き取られ、育てられていることがわかった。

 さらにこれらの孤児を我が子として育てた夫婦を調査してみると、生涯子供に恵まれなかった夫婦、何人か生まれても後継者となる男の子がいなかった夫婦が多い。しかし、中には男の子にも女の子にも恵まれながらも信仰によって親の愛を知らない不幸な孤児を我が家に引き取り、愛情をもって育てた篤信の夫婦もいる。
 
 

 

 
1890(明治24)年〜1915(大正4)年
夫婦名 養子の名 養子の
出身地
養子の
生年月日
養子の
洗礼月日
夫婦の
実子数
男 女
宣教師名
小瀬良七五郎・リワ 小瀬良源次郎 長 崎 1903.7.5 1903.9.5 0 4 道 田
小瀬良金次郎・キワ 小瀬良 シオ ―― 1916.5.31 1916.6.1 2 2 永 田
小瀬良金衛門・―― 小瀬良 ユリ 長 崎 1885 1885 0 2 フレノー
 
大瀬良宗次郎・シノ 大瀬良 昭夫 堂 崎 1907.11.11 1908.3.16 0 0 中 田
大瀬良宗次郎・シノ 大瀬良 マキ ―― ―― ――
大瀬良初五郎・エミ 大瀬良 トミ  鯛ノ浦 ―― 1901.10.2 0 1 中 田
大瀬良初五郎・エミ 大瀬良 友七 堂 崎 1911.5.23 ―― 中 田
大水作助・サイ 大水 任三郎 小値賀 1908.7.15 1910.8.20 0 0 中 田
大水金五郎・ヒロ 大水 福市 今 里 1894.8.5 1894.8.6 1 1 本 田
大水金五郎・ヒロ 大水 喜作 丸 尾 1901.3.31 1901.4.5 大 崎
 
上田増衛門・ヨネ 上田 純 有 川 1893.11.23 1893.11.29 1 5 ベルトラン
今野 直吉・フイ 今野 イセ 小値賀 1899.2.2 1899.2.12 1 0 クレンペーター
 
赤波江次三郎・スナ 赤波江 クニ 堂 崎 1909.6.15 1909.8.28 3 1 中 田
谷中勇吉・サト 谷中 セリ 有 川 1895.7.19 1895.7.21 本 田
久志要作・ミキ 久志 キク 六 島 1897.1.7 1897.1.28 0 クレンペーター
真浦栄吉・ユリ 真浦 徳三郎 ―― 1898.9.5 1898.9.22 3 1 クレンペーター
真浦栄太郎・ナミ 真浦 リス 小値賀 1885 1887 0 0 フレノー
真浦栄太郎・ナミ 真浦 キセ 野 首 1898.10.17 1898.10.19 クレンペーター
真浦金作・ミセ 真浦 エツ 友 住 1886 1887 0 0 フレノー
真浦金作・ミセ 真浦 サダ 小値賀  1904.1.20 1904.1.27 0 0 道 田
水元留吉・セキ 水元 サキ 小値賀 1896.12.3 1896.12.3 2 0 本 田
島本倉松・ミヨ 島本 サツ 鯛ノ浦 1910.7.4 1910.9.11 0 2 中 田
 
赤倉惣八・ミキ 赤倉 スイ ―― 1887 1887 4 2 フレノー
川端清八・トキ 川端 音三郎 奈留島 1904 1906.5.1 0 0 中 田
川端清八・トキ 川端 キヨ 堂 崎 1910.2.7 1910 0 0 中 田
竹谷宗次郎・ウキ 竹谷 カネ 堂 崎 1911.1 1911.2.2 2 1 中 田
又居初五郎・フミ 又居 庄吉 六 島 1908.12.16 1908.12.17 0 2 中 田
*注 養子の名の欄に登録されている養子は、すべて孤児である。
外国人宣教師のページへ

トップページに戻る

inserted by FC2 system